1年中紫外線対策をしてシミを防ぐ

意味を防ぐには紫外線対策が重要です。紫外線を無防備に浴び続けると、メラニンの生成が促されていずれシミができます。肌の奥の到達した紫外線はコラーゲンを破壊し、シワやたるみのもなります。

暑くて日差しが強い夏場は紫外線対策をしっかりする方が多くいますが、冬場は対策を行っていない方がいるようです。紫外線は1年中地上に届いているので、1年中紫外線対策が必要です。

紫外線は5月頃から強くなります。5月は晴れの日が多いので、梅雨の6月よりも紫外線が多く届いています。まだ夏には遠いからと油断していてはシミの危険があります。

温かくなってきて汗をかきやすいので、汗で日焼け止めがとれてしまいます。とれたら効果が発揮されないので、4~5時間おきにこまめに塗り直しをします。

冬場も紫外線対策をします。冬は紫外線量が低く肌の抵抗力が落ちていて、この状態で春に紫外線を浴びると大きなダメージを受けます。しっかり冬から紫外線対策をして、春のダメージを減らしましょう。

曇りの日は晴れの日の70%程度の紫外線が届いています。曇りでも日焼け止めが必要です。